Remember me

映画を見たり写真を撮ったりするAジェンダーの生存証拠

遠くってどこ?

 

よく「どこか遠くに行きたいな」なんてセリフ、現実逃避したいときに吐いてるの見る。

私も今まさにその状態なのだけど、ふと「遠くってどこだよ」ってノリツッコミ入れてきた自分がいる。

 

なぜ疑問に思ったかといえば、私は生まれ育った故郷が大好きなのだ。

慣れ親しんだ街の慣れ親しんだ空気。

部屋からきこえる新幹線の音。

あそこも、あそこも、あそこも知ってる人の家。

特段コミュニケーションをとっているわけではないけど、圧倒的にホーム。

加えて自分の部屋も大好き。小学1年生から暮らしてきた部屋。何度も模様替えをして今の姿に落ち着いているけれど、最初のベッドを今でも覚えている。(部屋散らかしてたなぁ…)

 

もちろん旅行に行くのも大好き。海外にもここ5年くらいは毎年行ってる。

でもやっぱり自分の家がいちばん心地がいい。

 

となると自分はどこに行きたいの?

家でずっと過ごしてられたらしあわせだよ。

疲れてるとき、逃げたいときに、ここよひ行きたい場所って一体どこ?

 

考えて出た結論。

身体を物理的距離が遠い場所へ移すのではなく、精神を遠くへやりたい。

 

要は何も考えたくないんだ。

電波の届かない場所まで行けば、求めていない人からの連絡も入らない。

誰が何をしているか見たくもないのに見ることもない。

 

となるとね、眠ればいいんだよ。

 

眠ってる間はここから遠くへ精神を解放してあげられるでしょ。

聞きたくない声はきかなくていいし、考えたくないことは考えなくていい。

辛いとき逃げたいとき、自傷しないで寝逃げがいちばんだよね、というお話。

 

おわり。